• 介護事業にかかる経営管理について

    少子高齢化が急速に進んでいく中で、介護施設やそこで働く人々の不足が深刻な社会問題となっています。
    国や自治体もその対策として、職員処遇改善手当の新設を行っていますが、まだまだ十分とは言えません。



    現在、老人ホームなどの施設は民間企業の運営に頼っているのが現状ですが、一部の高級老人ホームを除くと、経営が非常に困難であるというのが共通した認識です。

    毎日新聞関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

    その理由の一つに人材依存度の非常に高い業種であることがあげられます。

    実際に高齢者のお世話をする要員は当然として、非現業である経理部門においても、非常に複雑な手続きや料金計算が必要であるため、多くの要員を必要としているのが実態です。


    さらに、追い打ちをかけるのが、介護業界は利益を追求してはならないという、世間の暗黙の風評が根強く経営管理ができていないことです。
    高齢者は社会的な弱者という位置付けは、少しずつ緩和されつつありますが、払拭し切れていないため、企業が経営を突き詰めることができないのが現状です。
    こうした現状を打破する為に注目されているのが、介護事業に特化した経営管理システムです。

    高齢者個々の、介護レベルやこれまで受けてきたサービスや既往歴などをクラウド上にデータベース化することによって、サービスにかかる料金を簡単に計算したり、提携する施設間で情報共有することができますから、より品質の高いサービスを提供することも可能となっています。



    経営的な観点から言えば、非現業部門の作業効率アップにつながり、人件費を削減できることから、今後導入する企業がますます増えることが予想されています。